あとで読む

マンションを賃貸目的で購入する

マンション購入を考えておられる方はいらっしゃいますか。
きっと皆さんの中にはそういう視点でいつもマンションの情報を勤勉にチェックしておられる方も多いことでしょう。
中にはこうしたマンションを自ら購入して将来の賃貸目的で利用しようというアイディアもあるようです。
実際に分譲マンションや、新築から割と年数がたっているマンションのほとんどはオーナーが他の人に賃貸契約で貸している場合が多くあります。
こうした賃貸目的でマンションを購入することは定年後の収入確保など確かに検討に値するメリットが存在するかもしれません。
今回はこのことを少し考えてみることにしましょう。
まず、こうした目的でマンションを購入したいと思っている時に意外と知られていない点が「住宅ローンが使えないかもしれない」という点です。
住宅ローンはそもそもローンを借り入れる人、本人の居住用として借り入れるローンのことです。
ですから住宅ローンが残ったまま賃貸に出すことは、そもそものローンの目的と異なると銀行は判断します。
もちろん状況によって一概には言えませんが、同じ地域に住んでいるのにずっと賃貸中であるなどの場合は銀行から一括でローン返済を求められるケースもあるようです。
またそもそもそうした利用を銀行側が貸付前に知ってしまった場合には、ローンが認められることもないでしょう。
さらに覚えておきたいのは一般的に住宅ローンが残っている場合、通常新たに住宅ローンは組めないという点です。
安易に賃貸に出してしまって、自分の居住用のマンションを新たに買おうと思ったらローンが組めないというケースも考えられます。
ですから住宅ローンをあてにしないでマンションを賃貸に使えるほどの金銭的余裕と計画性があるのか検討することが勧められます。
また賃貸に関して他の要素も考えなくてはいけません。
例えばその維持費用です。
借り手が変わるたびにクロスの張り替えや清掃をすると数十万円から数百万円の費用がかかることがあります。
そうした費用をひっくるめても黒字に持って行けるだけの計算でしょうか。
また費用が掛かりすぎるからといって賃料を法外に設定しては借り手が見つからず逆効果です。
そのエリアの不動産情報をこまめにチェックして価格競争に勝たなければいけないのです。
こう考えると、すこしマンションの賃貸利用に抵抗を感じるかもしれませんが、投資方法としては今後も有望でだれにでもチャレンジしやすい分野ということもできます。
ぜひまずは色々とこのことに関して調べてみて、本当に自分にこの運営ができるのか考えてみましょう。

Copyright (C)2017賃貸情報はこうやって探す!.All rights reserved.